機能不全家族で育ったわたし 

機能不全家族の中で育ちました。子供の頃の記憶はぼんやりしていますが、毎日地獄だと感じていました。幼少期の自分の感情から逃げ続けている限り、この苦しさは一生続くのだろうと思い、子供の頃の自分の感情と向き合うためにブログを書くことにしました。

精神科閉鎖病棟へ入院した時のこと4

f:id:mushishitegomenne:20180614004039j:plain

入院してからの女性の主治医が、巡回に来たときだっただろうか。

 

夜眠れないので、睡眠導入剤を出してもらえるようお願いしてみるけれど、「昼間そんな横になっていたら、眠れないの当たり前でしょう」(ベッドに横になっているときに医師が来たので)と言われる。

私は、そう思われても仕方ないかと思ったけれど、なぜ横になっているかというと、日中の薬が強くて倦怠感と眠気におそわれるからだ。

なので、その理由を話し、今度は日中の薬を減らしてもらうようにお願いをするが、まともに取り合ってもらえず、鼻で笑うようにして行ってしまう・・・。

 

私は大人しく過ごし早く退院しようと思っていたので、自分でできることを考える。

 

まず、日中の薬を飲まないことだと思った。

でも、飲むところを看護師にじっと見られ、飲んだ後は口を開けて舌をあげて見せなければいけない。

 

考えた結果、飲んだふりをして、コップの水の中に薬を吐き出すことにした。

 

1度だけ、出しているときに唇に薬がくっついて手間取ってしまい、看護師にあやしまれたが、いつもより口の中を念入りに見られただけで特に何も言われなかった。

 

そしてその少しあと、入院から1か月経って無事退院することが出来た。

 

薬と言えば余談だけれど、入院する前にかかっていた病院で知り合った、統合失調症と診断をされていた20歳の女の子が、薬を服用してから、会う度みるみる呂律が回らなくなり、目も虚ろで、話していることも良くわからなくなってしまっていた。

「アルバイト先で嫌われていることを話したら、先生に妄想(?)と言われてまた薬が増えた」と言っていたこともある。

でも残念だけれど本当に嫌われていたのだと思う。

とても忙しい職場でまともに仕事が出来る状態には見えなかった。

 

病院は病気を治すところだから、とりあえず不調を訴えられれば薬の処方をするのは仕方のないことなのだろうか・・・。

いろいろな方を見てきたけれど、薬でひどくなっている方が多いように感じて、やりきれなかった。

それとも薬ではなく、統合失調症というのはあんなに急激に病状が悪化するものなのだろうか・・・。